亜鉛-高ニッケル合金めっき

HOME > めっき技術(サービスラインナップ) > 亜鉛-高ニッケル合金めっき

亜鉛-高ニッケル合金めっき

亜鉛-高ニッケル合金鍍金とは?

亜鉛-ニッケル合金めっきは、低ニッケル・中ニッケル・高ニッケルに分類されます。その中で高ニッケルはニッケル含有率が15wt%前後とこの3種類の中で最も耐食性がいい条件です。またプレス品などの内側にめっきがつきにくい所も均一にめっきが付きます。
イメージ

亜鉛-高ニッケル合金めっきのチカラ
■耐熱性
亜鉛めっきの場合、150度以上の高温環境では耐食性が劣化しますが、亜鉛-高ニッケル合金めっきは200℃の高温環境でもめっき皮膜が脱落せず耐食性にも影響を及ぼしません。
■耐熱性
めっき後1000時間の塩水噴霧試験を実施したところ、赤錆は発生しませんでした。
一般的に沿岸地域や寒冷地域などに利用されています。
■耐摩耗性
ビッカ―ス硬さ400Hv以上と硬度が向上し、キズがつきにくい利点があります。

亜鉛-高ニッケル合金めっきの処理工程

フロー
※1:脱脂処理、酸洗いだけも対応可能です。
※2:三価クロム化成処理は三価クロメートと同じ意味です。お見積もりいただき際はどちらで表記していただいても構いません。
   ただし「三価クロメート」だけですと一般的に白と黄色の2種類があるためどちらかを表記ください。

亜鉛-高ニッケル合金めっきの仕様

めっき記号 Ep-Fe/ZnNi5、MF-ZnNi5 ⇒ 電気亜鉛-ニッケル合金めっき5μm
HiNi-Zn5μ ⇒ 亜鉛-高ニッケル合金めっき5μm
可能なめっき素材 鉄素材全般、SPCC、SPHC、S25C、S45C、SK50、SUS430
Ni含有率 14~19wt%(単位:ウェイトパーセント)

亜鉛-高ニッケル合金めっき対応表(製品引き取りできます。)

バレルめっき(別称:ガラめっき)のメリット

ラックめっきと異なり、穴がなくてもめっきすることができます。


低速から高速でバレル回転速度を変えれますのであたりキズの心配な製品は、回転を遅くすることで解消されます。


微細品・ワッシャーなどができるように専用バレルを複数常備しています。


15kg未満の場合は、1口単価となっています。製品の量が少なくてもバレルめっきは可能です。

ラックめっき(別称:ひっかけ、タコ)のメリット

製品へのキズ・打痕がありません。


1個から気軽に依頼していただけます。 製品によっては即日納品も可能です。


三価クロム化成処理による液だれも発生しないようにしっかり対策することができます。


変色防止としてクラフト紙による梱包も取り扱っています。


亜鉛-高ニッケル合金めっき使用実績例

自動車部品・袋ナット・インサートナット・
トックワッシャーなど
亜鉛-高ニッケル合金めっき使用実績例

ページトップ
WEBからのお問い合わせ
  • めっき技術
  • サービスラインナップ
  • 亜鉛-高ニッケル合金めっき
  • ニッケル-装飾クロムめっき
  • 亜鉛めっき
三和鍍金工業株式会社

〒537-0002
大阪府大阪市東成区深江南2-1-23
TEL:06-6971-5833
FAX:06-6974-7838

お問い合わせ
  • エコアクション21を所得しています。
  • 品質マネジメントの認証を取得しています。