新着情報

HOME > 新着情報 > 亜鉛-高ニッケル合金めっきの事例

新着情報詳細

  • 亜鉛-高ニッケル合金めっきの事例
    新着情報

亜鉛-高ニッケル合金めっきの事例

亜鉛-ニッケル合金めっき写真

ご提案1  亜鉛-高ニッケル合金めっきは、厳しい高温環境化に十分耐えることが可能です。

導入先: 自動車業界・什器・電子機器・海洋・環境・建設等
導入箇所” 自動車部品(エンジンルーム周りのネジ、ボルト等)
導入前の問題点
 防錆力に優れている亜鉛めっきは、耐熱性において長時間高温環境化で使用される場合,めっき皮膜は大きなダメージを受けてしまい腐食の進行へとつながります。
導入後の改善
(メリット)” これらの問題点を解決するには,防錆能力があり尚且つ耐熱性に優れている表面処理が必要になります。この両方を兼ね備えている表面処理の一つに亜鉛-ニッケル合金めっきが上げられます。亜鉛-ニッケル合金めっきを施した製品を200℃,4時間で腐食試験した結果,めっき皮膜は脱落することはありませんでした。これはニッケルの特徴である熱に対して強い部分が発揮されています。これによりめっき外観を保持したままご使用していただけます。

ご提案2  亜鉛-高ニッケル合金めっき 三価白は複雑な部品への後処理が可能です。

導入箇所” 自動車部品(エンジンルーム周りのネジ、ボルト等)
導入前の問題点
 複雑な形状への製品ではめっきがつきにくい部分が一部あり三価がのりにくいことがありました。
導入後の改善点
(メリット)” 亜鉛-ニッケル合金めっき専用の三価処理剤を使用しています。それによりめっき皮膜と抜群の相性があり均一な三価クロム化成皮膜が得ることができます。また三価処理剤の補給は自動補給で対応を行っています。そして安定した製品をご提供できるように自社検査室にて三価処理剤濃度分析を分光高度計(UV-1800)で測定しています。

ご提案3  亜鉛-高ニッケル合金めっき 三価黒

導入前の問題点
 耐食性・耐熱性・耐摩耗性で均一な黒色外観が得られる表面処理はあまりありません。
導入後の改善点
(メリット)” 低電流部から高電流部にかけて均一な黒色外観が得られます。価格帯は割高ですが長期間のご使用を考えればリーズナブルです。


ページトップ
WEBからのお問い合わせ
  • 新着情報
  • お知らせ
  • 技術情報
三和鍍金工業株式会社

〒537-0002
大阪府大阪市東成区深江南2-1-23
TEL:06-6971-5833
FAX:06-6974-7838

お問い合わせ
  • エコアクション21を所得しています。
  • 品質マネジメントの認証を取得しています。